依頼内容によってはデメリットが生じる場合もある

弁護士で解決を依頼する内容によっては、何らかのデメリットが生じる場合があります。費用面だけでなくその他の部分となるため、依頼をして解決をしてもらう際にはメリットとデメリットについてしっかりと聞いておく必要があるのです。

 

代表的なものとして挙げられるのが、借金問題の解決です。借金を作りすぎてしまって返済が難しくなった場合には、弁護士での債務整理による解決が効果的となります。しかし、債務整理を行うと信用情報機関に事故情報が記録されてしまうため、情報が消えるまでの数年間は新規でのカード作成や信用が絡む審査通過が難しくなります。

 

債務整理をせずとも長期に渡って返済が遅れていると同じことなのですが、債務整理の依頼を考える段階ではまだ返済ができているといった方は、今後に抱えることになる信用情報のデメリットと今の借金を解決するメリットでどちらを取るべきか考えるようにしましょう。

 

メリットもデメリットも予め知っておきたいと考える方は、相談をする前に任意整理デメリットに目を通しておくと安心です。先に悪い点を知っておけば後から良い部分を見聞きしても冷静な判断ができるようになるので、借金整理を弁護士に依頼をするなら、まずは任意整理のデメリットから知っておくと良いでしょう。