依頼をすればかかる費用も決して高いとはいえない

相談は無料となっている弁護士であっても、いざ依頼をするとなると費用がかかります。最近では相談費用に加えて着手金も無料としているところが多いので初期費用としてはかかりませんが、成功報酬などによる費用は必ず発生するためにどうしてもお金が必要となります。

 

ただ、弁護士でかかる費用は場合によっては自身の財布が傷みません。相談内容や依頼内容にもよりますが、例えば交通事故の示談交渉の場合には、増額がされた賠償額からの一定割合を成功報酬としている弁護士が多いので、増えたお金から弁護士費用を支払うことで依頼者側の損はありません。

 

成功報酬はその言葉の通り成功をした際の報酬となるので、一部で例外はあるものの基本的に依頼が成功をしないと費用はかかりません。つまり、上記の交通事故示談の例で言えば賠償額が増えなければ成功報酬はかからないことになるのです。

 

また、全体としてのお金の流れで考えると依頼者が損をしないと言えるのが、借金問題の弁護士への解決依頼です。多くの借金を抱えてしまって支払いが困難になってしまった場合に弁護士に解決の依頼を行うと、債務整理による借金問題の解決を進めてくれるようになります。

 

債務整理は様々な手続きがありますが、自己破産とまではいかなくても任意整理として進めてもらう場合も、今後の利息がなくなるために支払う金額が減ります。この場合の成功報酬は減額された借金の一定割合となるので、報酬を支払ったとしても借金の残額が減り、結果的に依頼者が得をするのです。

 

ただし債務整理には信用情報の上でのデメリットもあるので、依頼前の弁護士相談時には債務整理の費用相談だけでなくデメリットに関してもしっかりと聞いておくようにしましょう。