事故の示談交渉を弁護士に任せる大きなメリット

交通事故の被害者が示談交渉を弁護士に任せる大きなメリットは、得られる賠償額が大きくなる場合があるという点です。当初の提示されていた賠償額よりも弁護士が示談を進めたほうが得られる金額が多くなるケースがほとんどで、事故や怪我の状況によっては得られる賠償額が数十倍にも跳ね上がることもあります。

 

これは示談の進め方による部分で、弁護士に依頼をすると被害者が有利になる条件で示談を進めてくれるために賠償額をしっかりと得られるようになります。しかし、自身で示談を進めると相手側の保険会社に言いくるめられてしまい、結果的に被害者が損をする内容での示談成立となってしまうのです。

 

損をしないために保険会社の言い分は無視をし、自身の言い分だけを通そうとしてもそう簡単にはいきません。保険会社の担当者は言わば示談交渉のプロであるため、相手が素人だと分かれば強気な態度で出てきます。示談の成立を急かすこともあるので、結局は妥協をして保険会社が提示する内容での示談でOKとしてしまうのです。

 

保険会社は多くの賠償金を支払えば自社の懐が痛むため、基本的には多くの金額を支払いたがりません。なるべく少なくしようとしてくるので、事故の状況によっては被害者側と加害者側の過失割合すらも変えてこようとします。そのまま何も知らずに示談の成立としてしまうと過失相殺ともなりかねないため、交通事故の被害にあってしまった場合には示談を進める前に弁護士での交通事故の無料相談を必ず行うようにしてください。