手口が巧妙になってきている厄介な闇金問題を任せる

基本的には少額の融資となる闇金融は、短期と呼ばれる短い期間での返済を迫るところを中心として、今では様々なタイプや手口が存在しています。短期の闇金であれば闇金との見分けも付きやすいのですが、その他の闇金はよく分からない方の場合には闇金と気付かずに利用をしてしまっている場合もあります。

 

代表的なのが質屋に偽装した闇金です。偽装質屋などと呼ばれていますが、本来は価値がないような質草に数万円の値をつけ、そのままお金を渡します。質屋の場合にはお金を返さなければ質草は流れるだけなので、本来は必ず支払いをしなければならないというわけではないものの、偽装質屋の場合には返済を迫ってきます。

 

もともと価値の無いものに数万円の値をつけているため、偽装質屋となる闇金側からするとお金を回収しないと損をしてしまいます。そのため、暴力的な取り立てを用いてでも貸し付けたお金を回収しようとするのです。

 

その際に請求される金額は元々の借りたお金から考えると遥かに高い金額となり、違法な法外な利息や延滞金による請求が繰り返されます。取り立ての被害は本人だけでなく家族や会社にもおよぶため、一度でも闇金と関わると大きなトラブルに発展することも少なくないのです。

 

関わらないのが一番ですが、知らず知らずのうちに利用をしてしまう可能性があるので、まずは闇金の代表的な手口について知っておきましょう。それでも利用をしてしまっているといった方は、早めに無料相談を受けてくれる弁護士に連絡をして解決をしてもらってください。